忍者ブログ

エコトバ。

JSQ屍鬼 聖まよの萌え語り所です。
原作既読につきネタバレ注意。
静沙静というか沙子さん至上主義。

[PR]

2020/07/10(Fri)05:50

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

フジリュー漫画の話なら混ぜてもいいよね・・・

2009/01/23(Fri)00:01

waqwaq文庫版3巻を購入しました。やっと。
クライマックスと、初期のブラックSFな読みきり3本、
ぐりりんパンチャー販促漫画・設定集が収録されています。
waqwaq、けっこう途中の話を忘れていました。
キクは最初から最後までオイシイとこばっかり取ってくなー。
そしてフジリュー漫画はクライマックスで
主人公とラスボスが素手で殴りあわなければならないんでしょうか。
そんな熱血系な作風でもないのに最後はなんで殴り合いなんだ……。
屍鬼でもやっちゃったらどうしよう。

ぐりりんパンチャーはコンビニで投売りされてたカリネラだけ持ってました。
これ高いわ売ってないわでフジリューマニアの学生としては大変だった覚えがあります。
第二弾とか発売してたことすら知らなかったぞ…。
そして衝動に流されて描いてしまった絵。
ぷち御院ではない








ちっちゃい室井さんではありません。

発売当時、「パオパオの目が可愛いんだか怖いんだかわからん」
と思っていたのが懐かしいです。今じゃもう慣れちゃったぜ!
販促漫画でめっちゃかわいかったです。パオパオ。
色は画集引っ張り出すのが面倒なので己の好きな色で塗りました。
なんか黄色かった気がするの。
PR

No.6|他フジリュー作品Comment(0)Trackback(0)